オリゴ糖は便秘対策に効果があるのか? 善玉菌との関係とは

何日も出ないことが当たり前になっていませんか?

人によっては本当に幼い頃から悩みのタネになっている便秘。

 

 

便秘は善玉菌や悪玉菌などの腸内細菌のバランスが悪くなっていることから起こります。

 

 

便秘の改善に役立つ成分として、善玉菌以外にオリゴ糖があげられることも。オリゴ糖入りの便秘対策サプリメントを見かけたことがある人も、いらっしゃるかもしれませんね。

 

 

オリゴ糖は腸内細菌でもありませんし、どうして便秘対策に効果があると言われるのでしょう。そしてそもそも、本当にオリゴ糖で便秘対策をすることなんてできるんでしょうか。

 

 

どうして便秘になるのか

 

 

便秘になるのは、腸内環境が乱れていることが原因です。腸内には約100兆個もの腸内細菌が住んでおり、なんと人間の全細胞の数よりも多いというのですから驚きですね。

 

 

この腸内細菌は善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つに分けることができます。

 

 

善玉菌は体にとって良い効果をもたらしたり、ビタミンを生み出してくれたりするものです。

 

 

悪玉菌はその反対で、体にとって悪影響をもたらす成分を作り出して腸の働きを悪くします。腸の働きが悪くなると便が押し出されにくくなって便秘になってしまうというわけなんです。

 

 

それだけでなく、有害物質が腸から吸収されると血液に乗って全身をめぐるため、体調が悪くなったり肌の調子が悪くなったりもするんですよ。

 

 

日和見菌はその時々で強い方の味方になるどっちつかずな菌や、働きがよくわからないものが含まれています。

 

 

善玉菌2、悪玉菌1、日和見菌7のバランスが腸内環境にとってちょうど良い状態。この状態なら便秘も起こらず、オナラや便の匂いも臭くならず毎日スムーズに排便ができます。

 

 

しかしこのバランスが崩れて悪玉菌が多くなると、腸内環境が悪化したと言われます。悪玉菌が増加して腸がうまく働けなくなるので、便が出にくくなるというわけです。

 

 

便秘を改善するための方法とは

 

 

悪玉菌が増加して便秘になってしまった場合、どうすれば便秘を改善することができるのでしょうか。

 

 

悪玉菌の敵である善玉菌を増やすことができれば、腸内環境が整うので便秘を改善することができるんですよ。

 

 

ビフィズス菌や乳酸菌などに代表される善玉菌は、乳酸や酢酸を作り出すことで腸内を悪玉菌が住みづらい酸性に変えることができます。

 

 

善玉菌と悪玉菌はなわばり争いをする敵対関係なので、どちらかが増えればどちらかが減ってくれるようになっているんですね。

 

 

しかしオリゴ糖は腸内細菌ではありません。一体どうやって便秘の改善に役立ってくれるのでしょうか。

 

 

オリゴ糖が便秘対策に効果的な理由

 

 

オリゴ糖は分解されずに腸まで届いて、ビフィズス菌のエサになることができるんです。

 

 

オリゴ糖とは果糖などが数個〜数十個繋がった糖類のことで、大豆から抽出された大豆オリゴ糖や、砂糖を原料にしたフラクトオリゴ糖などさまざまな種類があります。

 

 

このオリゴ糖は消化されにくく、小腸でも消化されないという特徴が。

 

 

大腸まで届いたオリゴ糖はビフィズス菌のエサとなって、ビフィズス菌の数を増やすことができるんですね。

 

 

ビフィズス菌はオリゴ糖を食べることによって、悪玉菌が苦手とする乳酸や酢酸を作ることができるようになります。

 

 

特に酢酸は、乳酸菌ですら作ることができない強力な酸です。腸内が酸性にかたむくので、少しずつ悪玉菌が住めない環境になっていくというわけですね。

 

 

ちなみに悪玉菌はオリゴ糖が苦手なのであまり食べません。つまり、ビフィズス菌にピンポイントで食料を送ることができるようになるというわけなんです。

 

 

ただしビフィズス菌は、一度オリゴ糖を使えば常に元気になるというわけではありません。

 

 

いつもエサが十分にある状態にしてやることが大切なので、ビフィズス菌と一緒に継続してオリゴ糖を摂取することが必要なんですよ。

 

 

オリゴ糖はビフィズス菌のエサとなるだけでなく、腸内の不要なものをくっつけて便となって体の外へ出て行くこともできるんです。

 

 

腸で消化されないということはカロリーにもなりにくいということなので、ダイエット食品にも使われることも。

 

 

オリゴ糖はそれだけでなく、カルシウムの吸収をよくしてくれる働きもあります。

 

 

特に女性はカルシウムが不足して骨粗しょう症になりやすいので、吸収率が良くなるのはとてもありがたいことですよね。

 

 

まとめ

 

 

オリゴ糖は善玉菌であるビフィズス菌のエサとなったり、単体でも腸で消化されずに腸内の不要なものをくっつけて便を作る働きがあったりします。

 

 

オリゴ糖自体が腸内細菌として働くわけではありませんが、善玉菌にとって心強い味方になってくれますよ。

 

 

ただしオリゴ糖だけを摂取していれば腸内環境が整うというものではありません。オリゴ糖をエサにしているビフィズス菌を同時に摂取することが大切なんですね。

 

 

ビフィズス菌を毎日摂取しているはずなのに効き目が薄いと感じている人にも、オリゴ糖はおすすめできます。

オリゴ糖は便秘対策に効果があるのか? 善玉菌との関係とは関連ページ

善玉菌と悪玉菌について詳しくまとめました
10代の頃から便秘で苦しんでいた私が、乳酸菌サプリで便秘を解消!おまけにダイエット効果まで、便秘で悩む全ての女性に知ってほしい、乳酸菌サプリの効果とおすすめの乳酸菌サプリ通販、どんなものを選べばいいのか詳細解説!
ビフィズス菌は善玉菌で便秘改善などの効果があります