ビフィズス菌は善玉菌で便秘改善などの効果があります

ビフィズス菌とは善玉菌のひとつで、体に取り入れると腸内環境を良くするはたらきがあります

ビフィズス菌とは一体どんな効果を生み出してくれる菌なのでしょうか。

 

 

そして善玉菌はビフィズス菌ひとつではなく、乳酸菌や納豆菌などさまざまな種類があるのでそれもご紹介していきますね。

 

 

ビフィズス菌とはなにか

 

 

ビフィズス菌とは腸に住んでいる腸内細菌の一種です。ほとんどの人の腸内には多かれ少なかれ、このビフィズス菌が住んでいます。

 

 

人の腸内には約1〜2kg近い腸内細菌がいるんですよ。この腸内細菌の種類は人によって異なっており、まるでお花畑のように群れを作って住んでいることから腸内フローラとも呼ばれます。

 

 

腸内細菌には悪玉菌、善玉菌、日和見菌があって、それぞれ体に及ぼす影響が違うんです。

 

 

悪玉菌は体にとって有害な物質を生み出して、腸内環境を悪化させます。この有害物質は腸から体に取り込まれてしまうので、体調が悪くなったり肌の調子が悪くなったりすることも。

 

 

腸の状態も悪くなるため、便が出にくくなって便秘の原因となったり、便を腐らせてオナラを悪臭にしたりするのも悪玉菌の特徴です。

 

 

善玉菌とは体にとって必要なミネラルやビタミンを生み出してくれたり、悪玉菌が住めない腸内環境にしてくれたりするなどの効果があります。

 

 

日和見菌はどっちつかずな菌で、その時々で強い方の味方をしています。

 

 

この腸内フローラが悪玉菌1、善玉菌2、日和見菌7という割合になっていれば理想的な環境です。

 

 

悪玉菌の好物は肉類です。そのため肉食に偏りがちな現代では、油断するとすぐに悪玉菌が優勢になってしまいます。

 

 

悪玉菌が増えてしまうと腸内環境が悪くなってしまうので、悪玉菌をやっつけてくれるビフィズス菌などの善玉菌を増やしてあげる必要があるんですね。

 

 

ビフィズス菌の効果とは

 

 

善玉菌であるビフィズス菌は体にとって良い効果をもたらしてくれます。一体どんな効果をもたらすのでしょうか。

 

 

腸内環境を整える

 

 

まずは先ほどお伝えしたように、腸内環境を整えるはたらきがあります。ビフィズス菌はオリゴ糖などをエサにして、乳酸や酢酸を腸内に生み出します。

 

 

乳酸や酢酸は酸性なので、アルカリ性の好きな悪玉菌を追い出すことができるんですね。

 

 

特にビフィズス菌が作ってくれる酢酸は強力な酸性なので、悪玉菌を大きく弱らせることができるんです。

 

 

酢酸は料理に使われるお酢と同じものですが、お酢は食べても体の中で消化されてしまうので腸まで届きません。

 

 

しかしビフィズス菌なら腸まで届き、酢酸を作り出してくれるのです。

 

 

ダイエットにも効果的

 

 

身長が170センチ体重が270キロの男性の、腸内フローラを調べる研究がありました。

 

 

すると彼の腸内には、通常15パーセントあるはずのビフィズス菌が、なんと約半分の8パーセントしかないことがわかったんです。

 

 

逆に食べてもあまり太らない体質の人の腸内フローラを調べてみると、腸内細菌のバランスがとても良く整っていることがわかりました。

 

 

腸内細菌の種類によっては、普通は消化できないような多糖類まで簡単に消化してしまう細菌がいます。

 

 

多糖類は消化されるとエネルギーになってしまうので、同じだけの量を食べても太ってしまうというわけなんです。

 

 

ビフィズス菌などの善玉菌を摂取することによって腸内フローラを整えると、必要以上に消化されることがなくなるためダイエット効果が見られるようになりますよ。

 

 

免疫を強くする

 

 

ビフィズス菌などが生息している腸は、細菌やウイルスから体を守る免疫が備わっています。

 

 

腸内環境が悪いと免疫もうまくはたらけませんので、善玉菌を摂取して腸内環境を整えておく必要があるんですね。

 

 

ビフィズス菌などを摂取すれば腸内環境を悪化させる悪玉菌を追い出すことができるため、免疫がうまく働けるようになります。

 

 

ビタミンを分泌する

 

 

ビフィズス菌は葉酸をはじめとするビタミンB群を分泌してくれる効果があるんです。体の中からビタミンを生み出してくれるのは嬉しいですよね。

 

 

ビフィズス菌の他にも善玉菌がいる

 

 

善玉菌はビフィズス菌だけではなく、他にも色々な種類があります。その一部についてご紹介しますね。

 

 

乳酸菌

 

 

ビフィズス菌と並んで有名なのが乳酸菌で、これも善玉菌の一種です。ブドウ糖から乳酸という成分を作り出して体の中から悪玉菌を追い出してくれます。

 

 

納豆菌

 

 

納豆菌は腸の中でたんぱく質や糖などが消化できるように助けるはたらきがあります。乳酸菌を増やす働きもあるんですよ。

 

 

酵母菌

 

 

腸内で善玉菌を活性化させることができるものです。さらに体をさびつかせる活性酸素を取り除く働きもあって老化防止にも役立ちます。

 

 

アシドフィルス菌

 

 

人間の腸内に住んでいる善玉菌で、乳酸を作って腸内を酸性にすることができるんですよ。母乳にも含まれており、免疫力を高める効果も。

 

 

まとめ

 

 

ビフィズス菌は腸内を酸性にすることで、悪玉菌が働けないようにすることができます。すると腸内環境が整うので便秘が改善したりおならが臭くなくなったりしますよ。

 

 

さらにダイエットへの効果や、ビタミンを生み出す性質、免疫の向上など、体にとって嬉しい効果がたくさんあります。

 

 

善玉菌はビフィズス菌だけでなく、乳酸菌や納豆菌など他にも様々な種類があります。人によって効果のある善玉菌が違いますので、色々試してみてくださいね。

ビフィズス菌は善玉菌で便秘改善などの効果があります関連ページ

善玉菌と悪玉菌について詳しくまとめました
10代の頃から便秘で苦しんでいた私が、乳酸菌サプリで便秘を解消!おまけにダイエット効果まで、便秘で悩む全ての女性に知ってほしい、乳酸菌サプリの効果とおすすめの乳酸菌サプリ通販、どんなものを選べばいいのか詳細解説!
オリゴ糖は便秘対策に効果があるのか? 善玉菌との関係とは