便秘が原因で痔が悪化! 痔の予防や改善は便秘解消から

痔になるとトイレに行くのが面倒になってしまいますよね

排便をするために痛みが出たりトイレットペーパーで拭くたびに血が出たりすると、痔が原因だとわかっていても気分が悪いもの。

 

それだけならまだしも歩いたり走ったりするだけで激痛がしたり、トイレが真っ赤になるほど血が出たりすると、日常生活を送るのも一苦労です。

 

 

そんな症状に悩んでいるのなら、もしかすると痔だけでなく便秘になってしまっていませんか?

 

 

痔と便秘には、とても密接な関係があるんですよ。

 

 

痔に関係する便秘の症状

 

 

便秘になると一体どんな症状が起こるのでしょうか。痔の発生に関係するものに絞ってご紹介しますね。

 

 

便が硬い

 

 

便秘になると便がなかなか大腸から出て行かなくなります。その間も大腸は、便から水分を吸収し続けてしまうんですね。

 

 

すると便はどんどん水分をなくして硬くなっていきます。便が硬くなると柔らかいときに比べて肛門を傷つけてしまうため、痔になる可能性を高めてしまうのです。

 

 

いきまないと便が出ない

 

 

トイレでじっと座っていても、なかなか便が出ないのが便秘です。

 

 

筋力の低下などで起こる弛緩性便秘の場合、大腸のぜん動運動が弱くなって便を押し出せなくなります。

 

 

便意を我慢しすぎて起こる直腸性便秘の場合は、便が直腸まで来ているにもかかわらず便意が伝わらなくなってしまうのです

 

 

このような便秘が原因となって、いきまないとなかなか便が出なくなってしまうんですね。

 

 

便秘と下痢をくり返す

 

 

精神的なストレスが原因になって、自律神経が乱れるとけいれん性便秘になることがあります。けいれん性便秘は便秘と下痢をくり返すという特徴が。

 

 

慢性的な下痢になると、肛門に圧力がかかることで粘膜が炎症を起こすことがあります。この炎症は痔の原因になってしまうんですね。

 

 

下痢というと水分が多くて簡単に排泄できそうに感じますが、実は肛門にとっては負担だったんです。

 

 

便秘によって発生する可能性のある痔とは

 

 

便秘が原因でどのような痔ができてしまうことがあるのでしょうか。痔の種類をご紹介します。

 

 

内痔核

 

 

いぼ痔が肛門の奥にできたものです。肛門を閉じるはたらきをしている部分が、血行が悪くなって膨らんだものをいいます。

 

 

放っておくと出血することもありますが、基本的には痛みがほとんどありません。肛門から内痔核が飛び出してきたことで気づくことも。

 

 

内痔核はトイレでいきみすぎることで発生します。便秘になって硬くなった便を無理やり押し出そうと、毎日ずっとトイレに座り続けているとできてしまう可能性もありますね。

 

 

外痔核

 

 

いぼ痔が肛門より外側にできて血豆になっているものです。出血はそれほどですが便を出そうとすると、とにかく痛いんです。

 

 

便秘が原因となって起こる痔なのですが、痛身を怖がって排泄したくなくなりトイレへ行かなくなると、余計便秘を悪化させてしまいます。

 

 

下痢も肛門に圧力をかけるので、外痔核の原因になることも。

 

 

切れ痔

 

 

肛門が便秘などで硬くなった便などによって傷つけられ、切れることによって切れ痔になります。下痢で肛門の粘膜が炎症を起こすことも切れ痔の原因となりますよ。

 

 

排便するときに痛みや出血があり、排便した後もしばらく痛くなってしまうこともあります。

 

 

放っておくと切れたところの傷がさらに深くなったり、炎症や潰瘍を起こしたりします。それらが肛門をふさいで狭くしてしまうこともあるんです。

 

 

あな痔

 

 

直腸と肛門の間くらいに、小さなくぼみがあります。そこに大腸菌などの細菌が感染してしまうと、あな痔になってしまうことが。

 

 

炎症を起こしているので熱が出てしまったり、膿で下着が汚れてしまったりすることもあります。

 

 

細菌感染の原因は下痢やストレスで、どちらかというと女性よりも男性に多く見られる痔です。

 

 

便秘を解消することで痔を予防・改善できる

 

 

このように全ての痔には、多かれ少なかれ便秘が関係しています。痔を予防・改善したいと思うのであれば、まずは便秘を解消する方が良いでしょう。

 

 

便秘が治らない限り、硬い便や下痢が治りません。肛門付近を傷つけ続けることになってしまうのです。

 

 

肛門付近が傷ついている限り、痔は悪化し続けてしまいますよね。便秘を解消すれば痔ができる原因がなくなるので、少しずつ痔も良くなっていくでしょう。

 

 

まとめ

 

 

便秘になると便が硬くなったり、下痢になったりします。どちらの症状も痔ができたり悪化したりする原因となるので、まずは便秘を治す必要があるんです。

 

 

便秘が治れば、硬い便が肛門を傷つけて外痔核や切れ痔になることもなくなりますし、下痢で炎症を起こして痔になることもなくなりますよ。

 

 

しかし便秘が治っても痔が治らない場合や高熱が出ているような場合には、我慢せずに病院にかかってくださいね。

便秘が原因で痔が悪化! 痔の予防や改善は便秘解消から関連ページ

激速!便秘解消を即効でしたいならこれでしょ!
辛い便秘を素早く解消するための効果的な方法の提案をさせていただきます。見ればわかる、飲めばわかる!
40代便秘解消サプリなら乳酸菌でしょ!
40代は運動不足や更年期で便秘にもなりがち、特に女性なら誰でも経験あるのでは?便秘解消には乳酸菌サプリが一番の近道の理由とは?
便秘にきく乳酸菌サプリは無添加ものがよし!
乳酸菌サプリというと便秘解消のために飲む人が多いんですが、健康的に便秘改善するためにも、なるべく無添加のものを選ぶべきなんです。
きつい便秘によく効くサプリダイエットなら乳酸菌なんです
便秘の時には乳酸菌サプリが効果的、溜まっているものが出ることでダイエットにも効き目がありますよ、3キロはすぐ痩せちゃいますね。
便秘にきく水分のとり方や量は?
便秘は大腸で便が固まることで起こります、水分を多く摂ることで便が固まるのを防げる?
便秘解消するために腸内環境について詳しくなろう
10代の頃から便秘で苦しんでいた私が、乳酸菌サプリで便秘を解消!おまけにダイエット効果まで、便秘で悩む全ての女性に知ってほしい、乳酸菌サプリの効果とおすすめの乳酸菌サプリ通販、どんなものを選べばいいのか詳細解説!
40代で便秘解消サプリを探しているなら・・・・
10代の頃から便秘で苦しんでいた私が、乳酸菌サプリで便秘を解消!おまけにダイエット効果まで、便秘で悩む全ての女性に知ってほしい、乳酸菌サプリの効果とおすすめの乳酸菌サプリ通販、どんなものを選べばいいのか詳細解説!
便通が悪いと思ったら!便秘解消に効く乳酸菌サプリ
10代の頃から便秘で苦しんでいた私が、乳酸菌サプリで便秘を解消!おまけにダイエット効果まで、便秘で悩む全ての女性に知ってほしい、乳酸菌サプリの効果とおすすめの乳酸菌サプリ通販、どんなものを選べばいいのか詳細解説!
便秘解消は適度な運動と生活改善から
寝不足だと便秘になりやすい?
便秘解消にウォッシュレットを使うのは危険?
便意を我慢するとなぜ危険なの?
ぽっこりお腹や便秘がスカッと! 快朝酵素プラス酵母の効果や口コミは?
便意を我慢するとなぜ危険なの? 対処方法はあるのか?
あの人も便秘だった! 便秘に悩んでいた5人の芸能人と改善方法とは
環境が変わると便秘になる、旅先での便秘対策5つとは?
腸内洗浄すると便秘が改善することもありますよ
薬を使わずに便秘を解消するなら便秘解消ジュース!